大会要項

大会要項

 

大会名称 くだまつ笠戸島アイランドトレイル2018
主催 くだまつ笠戸島アイランドトレイル実行委員会
共催 下松市、下松商工会議所、下松商工会議所青年部
後援 山口県、山口県教育委員会、近畿中国森林管理局山口森林管理事務所、下松市教育委員会、下松市観光協会、下松市体育協会、日立製作所笠戸事業所、東洋鋼鈑下松事業所、新笠戸ドック、JXTG エネルギー下松事業所、中国電力下松発電所、住化アグロ製造、西日本旅客鉄道、日本航空、新周南新聞社、Kビジョン、しゅうなんFM、周南経済新聞、朝日新聞社、毎日新聞社、読売新聞西部本社、中国新聞防長本社、山口新聞社、時事通信社山口支局、共同通信社山口支局、KRY山口放送、tysテレビ山口、yab山口朝日放送、エフエム山口
協力 笠戸島自治会連合協議会、下松市笠戸島開発センター、笠戸島ハイツ、笠戸島特産品開発グループ、くだまつ観光・産業交流センター、周南記念病院、ツルガハマランド、山口県漁業協同組合周南統括支店、下松市栽培漁業センター、周南農業協同組合、下松市社会福祉協議会、下松市都市農村共生・対流推進協議会、山下工業所、下松商工会議所文化観光部会、下松飲食業協同組合、下松旅館組合
運営協力 ITADAKI、Fun Trails、ヤブサポ、下松市スポーツ推進委員協議会、下松市観光ボランティアガイドの会、下松市食生活改善推進協議会、下松市更生保護女性会、魚をシゴしちゃろう会、下松市吹奏楽団、山口県立下松高等学校、山口県立下松工業高等学校、下松商工会議所女性会、公益社団法人周南青年会議所、いいまちつくろう創星倶楽部、山口県アクティブシニア協会、ボランティアスタッフの皆様
大会趣旨 風光明媚な瀬戸内海国立公園「笠戸島」を舞台に、自然豊かな山・森・海岸を駆けぬける楽しさを感じ、心身を鍛えるとともに、人・自然・地域の共生を目的とする。
開催場所 下松市笠戸島 笠戸島はなぐり海水浴場駐車場(スタート・ゴール)
駐車場
(出場者・応援者含む)
シャトルバス運行(5:30~7:35 運行予定)
開催日 平成30年2月11日/8時30分スタート~16時00分
(受付:6時30分~7時30分 笠戸島ハイツ中庭)
募集期間 平成29年9月15日(金)
20時~平成29年12月17日(日)23時59分
種目/参加料 ロング30㎞コース/参加料 7,300 円(参加賞付)
ショート18 ㎞コース/参加料 5,300 円(参加賞付)
大会エントリー費の一部(300円/人)を笠戸島の環境美化・登山道整備活動等に利用させて頂きます。
定員 900名(大会前夜祭:100名)
エイドステーション 第1エイド:白浜(往路)、第2エイド:深浦、第3エイド:白浜(復路)、第4エイド:本浦
申込み方法 ランネット
表彰 総合男女1位~6位、年代別39歳以下、40歳代、50歳代、60歳代以上の男女1位~3位
※総合男女1位は笠戸島トレラン盾贈呈(山下工業所の現代の名工 藤井氏による打ち出し板金)
選手参加賞 大会記念Tシャツ、スポーツドリンク
大会プロデューサー 奥宮 俊祐
招待選手 宮﨑喜美乃、東徹、常田めぐみ、川崎雄哉、沼田邦彦、田中寿美子、岸本大直、大下美佐子、丸本匠
大会事務局 下松商工会議所
選手専用窓口 コールセンター 一般社団法人 ITADAKI
タイムスケジュール
(予定)
2月10日(土)
11:00~15:00 前日受付
12:00~15:00 奥宮俊祐トレイルセミナー
16:15~18:15 大会前夜祭

2月11日(日)
6:00~7:45 当日受付
7:45~8:30 開会式・ブリーフィング
8:30 ロングコース(A グループ)スタート
8:45 ロングコース(Bグループ)スタート
9:00 ショートコース(Cグループ)スタート
13:00 表彰式予定
16:00 大会終了予定

ポイント UTMB QUALIFYING RACE 2018 ロングコース2ポイント
UTMB®を含むUltra-Trail du Mont-Blanc®への参加資格レースとして『くだまつ笠戸島アイランドトレイル』が認定されました。
ロングコース完走者には2ポイントが付与されます。

招待選手

川崎雄哉選手

長崎県出身の自衛官、32歳(2017年9月現在)。2015年4月から本格的にトレイルを走るようになる。
50キロを超える距離をレースで初めて走る2016年のハセツネCUPで優勝を飾る(当時31歳)。タイム、7時間27分51秒は歴代5位の好記録。

《戦績》
北丹沢44k(2016)優勝
Red Bull白龍走(2016)2位
比叡山50k(2016)3位
ハセツネCUP(2016)優勝

常田めぐみ選手

京都府京都市在住。
所属:ソトアソfeat.SALOMON(大阪交野市)
大阪交野市にあるアウトドアショップ「ソトアソ」にて、毎月女性限定イベント「おりひめトレラン」を開催。女性向けのトレイルの楽しみ方を提案し活動しています!

《戦績》
くだまつ笠戸島トレイル(2016)女子4位
Vibram 香港 100(2016)女子19位
信越五岳トレイルランニングレース(2015)女子3位
スパトレイル 四万to草津 (2015)女子4位

東徹選手

所属:大和走友会
1975年生まれ(42歳)三原市大和町出身。中学校から陸上競技をはじめ、マラソンを中心に競技を続ける市民ランナー。
マラソンのベスト記録は2時間19分12秒(2009年)、福岡国際マラソン連続22回出場中。
山岳レースにも出場し,スカイランニング日本選手権(ULTRA部門)では2015年、2017年と優勝し、スカイランニング世界選手権代表となる。

《戦績》
第32回秩父宮杯富士登山駅伝(5区・7区担当)(2007)一般の部優勝
第63回福岡国際マラソン(2009)16位 2時間19分12秒
(日本選手権マラソン6位)
第21回日本山岳耐久レース(71.5km・東京都)(2013)優勝 7時間19分13秒(新記録)
第16回北丹沢12時間山岳耐久レース(44.24km・神奈川県)(2014)優勝 4時間11分51秒
スカイランニング日本選手権ULTRA(2015)優勝
(美ヶ原トレイルラン(80km・長野県)優勝 8時間3分48秒)
第69回福岡国際マラソン(2015)20位 2時間20分32秒
スカイランニング世界選手権(105km・スペイン)(2016)22位 16時間13分56秒
スカイランニング日本選手権ULTRA(2017)優勝
(美ヶ原トレイルラン(75km・長野県)優勝 6時間44分50秒)
第21回日本山岳耐久レース(71.5km・東京都)(2017)5位 8時間34分19秒

参考
・2017スカイランニング日本選手権(美ヶ原トレイル)
https://dogsorcaravan.com/2017/07/03/inov-8-cup-2017-80k
・2016スカイランニング世界選手権(スペイン)
https://dogsorcaravan.com/2016/07/26/result-of-buff-epic-trail-105k-skyrunning-world-champs
・2015スカイランニング日本選手権(美ヶ原トレイル)
https://dogsorcaravan.com/2015/07/05/2015-utsukushi80k-result
・第21回日本山岳耐久レース(71.5km・東京都)
https://dogsorcaravan.com/2013/10/14/toru-higashi-and-yumiko-oishi-won-hasetsune-2013-result

宮﨑喜美乃選手

1988年生まれ。山口県下関市出身。
所属:ミウラ・ドルフィンズ、THE NORTH FACE契約トレイルアスリート。
2013年8月よりミウラ・ベースキャンプの低酸素室にて高所登山・トレッキング向けの低酸素トレーニング指導、及びデータ集積・解析などを行う。2016年4月よりNEUTRALWORKS.TOKYOの低酸素室にて、アスリートや健康増進を目的とした方向けの低酸素トレーニング指導・プログラム開発も兼任して行う。

《戦績》
Aso Round Trail(2017)女子2位
Andorra Ultra Trail(Mitic)(2017)女子9位
SPATRAIL(2016)女子優勝
STY(2015)優勝

沼田邦彦選手

広島市在住、41歳、鍼灸師。
32歳の時に、リウマチを発症し、痛みに苦しんだ事で、鍼灸師を目指した。現在は、免疫抑制剤等で、リウマチと上手く付き合いながら、トレランを楽しんでいる。
また、鍼灸師として得た知識と、自身の経験を踏まえ、パーソナルトレーナーとして、体幹トレーニングや、身体を上手く使った走り方等のイベント開催している。

目下の目標は、UTMFでの表彰台です。

《戦績》
下松笠戸島トレイル(2016) 男子5位
OSJ氷ノ山トレイル(2014)3位
OSJ氷ノ山トレイル(2015)4位

霧島・えびの高原エクストリームトレイル(2016、2017)4位
しわいマラソン100km(2014、2015)優勝
比婆山国際スカイラン(2013、2015、2016)3位

岸本大直選手

1988年生まれ。倉敷高校、明治大学卒業。
過去、岡山県駅伝部 最優秀賞選手賞を受賞。

サポート企業:Itoitex、RaidLight、凌駕スマッシュウォーター

《出場大会》
●駅伝
全国高校駅伝、都道府県駅伝、箱根駅伝、富士登山駅伝
●トレイルランニング
瀬戸内アイランドトレイル 優勝
比叡山国際トレイル 8位

田中寿美子選手

1952年生まれ、滑川市出身。
1959年、心臓病に罹患。死を宣告されるが奇跡的に助かる。
1990年以降、日本代表選手としてワールドカップ(フランス・イタリア・オランダ・韓国)等に出場経験有。
また、生涯学習インストラクター、富山マスターズ陸上競技会 副会長、ランニング指導員、健康ウォーキング指導士、ノルディックウォーク公認指導員、歩育コーチ、ジュニア・アスリート・フードマイスターなどさまざまな肩書きを持つ。

《戦績》
しばた女子マラソン(1989)優勝
JALホノルルマラソン(ハワイ)(2007)女子年代別優勝
さくら道国際ネイチャーラン 250キロマラソン(2011)富山県女子初出場・初完走
JALホノルルマラソン(ハワイ)(2012)女子年代別2位・日本人優勝
ハセツネカップ(2013)女子年代別2位
Fun Trails 100K Round 秩父&奥武(2015)7位

大会日程

10日

11:00〜15:00 前日受付及びトレイルランセミナー受付
※トレイルランセミナー受付時間11:00〜11:45
12:00~15:00 奥宮俊祐トレイルセミナー(定員30名)
16:15〜18:15 大会前夜祭

11日

6:00〜7:45 当日受付
7:45~8:30 開会式およびブリーフィング
8:30 ロング(Aグループ) スタート
8:45 ロング(Bグループ) スタート
9:00 ショート(Cグループ) スタート
9:15 ショートコース(Dグループ)スタート
13:00 表彰式予定
16:00 大会終了予定

前夜祭について

大会前日【2月10日(土)】に前夜祭を開催いたします。
国⺠宿舎大城で地元ならではのおもてなしをご用意して、選手のみなさんを歓迎いたします。
プロデューサー奥宮俊祐によるトークライブや豪華賞品をかけたじゃんけん大会なども予定しております。

ぜひ、ご参加お待ちしております。

日時 2月10日(土)16:15〜18:15(定員100名)
参加費 2,000円(アルコールは別途料金)
会場 国民宿舎大城
〒744-0001 山口県下松市笠戸島14-1
TEL:0833-52-0138 / FAX:0833-52-0052
申し込み方法 大会エントリー時にRUNNETにてお申し込み
会場への送迎について 会場から下松市内までの送迎を予定

競技方法

  • 1.定められたコースのタイムレース方式(所要時間の少ない選手から順位を決定)とします。
  • 2.制限時間内に関門を通過し、ゴールする事。
  • ロング(Aグループ)/16:00(7時間30分)
    第1・3関門:白浜エイドポイント
    • 往路
      (約5km地点)10:30(スタートから2時間後)
    • 復路
      (約18km地点)13:30(スタートから5時間後)
    第2関門:深浦エイドポイント
    • 往路
      (約14km地点)12:30(スタートから4時間後)
    第4関門:本浦エイドポイント
    • 往路
      (約23km地点)14:30(スタートから6時間後)

    ロング(Bグループ)/16:15(7時間30分)
    第1・3関門:白浜エイドポイント
    • 往路
      (約5km地点)10:45(スタートから2時間後)
    • 復路
      (約18km地点)13:45(スタートから5時間後)
    第2関門:深浦エイドポイント
    • 往路
      (約14km地点)12:45(スタートから4時間後)
    第4関門:本浦エイドポイント
    • 往路
      (約23km地点)14:45(スタートから6時間後)

    ショート(Cグループ)/14:00(5時間)
    第1関門:白浜エイドポイント
    • 往路
      (約5km地点)11:00(スタートから2時間後)
    第2関門:本浦エイドポイント
    • 往路
      (約12km地点)13:00(スタートから4時間後)

  • 3.安全確認上、出走しない場合、又はレース中に競技を中断(棄権)する場合は必ず役員に申し出てください。
  • 4.以下の違反行為をした選手は失格とします。。
    • 競技方法に違反、又は役員の指示に従わなかった選手
    • 参加資格または、年齢・性別を偽る、あるいは申込者を装って(代理出走)参加した選手
    • 各関門およびゴール制限時間を超えた選手
    • ゼッケンを着用していない選手及びゼッケンを前面・後面の見える位置に着用しなかった選手
    • ゴミをレース中に投棄した選手
    • 自然保護に違反する行為があった選手
    • 不正行為を行った選手
  • 5.全コースにおいてストック・杖等の使用は禁止します。

大会規約

参加申込に際して、次の事項に同意の上、申込みください。

  • 1.大会の運営、安全管理全般について、主催者側の指示に従うものとします。
  • 2.個人の都合による申込後の種目変更、キャンセルはできません。また、キャンセル後の返金及び過剰入金、重複入金は返金できません。
  • 3.地震等天変地異、悪天候、疾病、事件等予測不可能な事由により、主催者側の判断でコースの変更・縮小、又はレースを中止することがあります。コースの変更・縮小・開催の中止に伴う参加料の返金の有無・額、通知方法等については、主催者の判断により決定します。
  • 4.大会開催中に疾病・ケガが発生した場合、主催者が応急手当を行います。但し、その方法、経緯などについて主催者の責任を問いません。健康に留意し、十分なトレーニングを積んだ上で、自己責任にお いて大会に参加するものとします。
  • 5.主催者から競技続行に支障があると判断された場合、又は関門時間を超えた場合、あきらかに関門時間を超えると判断された場合は主催者の指示に従うものとします。
  • 6.大会開催中の事故、紛失、傷病等に関する補償は主催者側が加入した保険の範囲内とし、それ以上の補償はできません。健康保険証は必ずご持参下さい。
  • 7.大会の映像・写真・記事・記録等(氏名・年齢・性別・記録・肖像等 の個人情報)がマス媒体・印刷物等に利用されること、その著作権は主催者側に属することを承諾します。
  • 8.大会申込者の個人情報は、本大会に関する事以外に使用することはありません。
  • 9.競技方法・大会規約の禁止事項に違反した場合、出場・表彰の取り消し、次回以降の参加拒否等を主催者で決定します。また、主催者は違反者に対する救護・返金等は行いません。
個人情報の取扱について

大会申込者の個人情報は、本大会その他関連情報の案内以外に使用することはありません。

その他、注意事項等
  • 1.飲料水、行動食、各自必要とする装備品は、各自の判断で持参してください。飲料水は、500ml以上を携帯することを推奨します。雨具については必携品とします。
  • 2.大会要項等の追加事項や訂正・変更があった場合、大会ホームページでお知らせします。
  • 3.レース区間であっても一般登山者を優先されるようお願いします。
  • 4.体調不良を感じたら早めに役員までお申し出ください。また、 不調者を見かけた場合は、近くの役員までお申し出ください。大会本部、各関門には救護班を置き、救急用品を準備しています。
  • 5.レース参加者の荷物については、会場内に荷物預かり場所を設置しますのでご利用ください。但し、貴重品等の管理は各自でお願いします。紛失の場合、主催者側では責任を負いかねます。
  • 6.レース当日、会場内には飲食ブースがありますのでご利用ください。
  • 7.ゴミは必ず各自で持ち帰ってください。
  • 8.お車でお越しの方は指定の駐車場を必ずご利用ください。
JA共済連山口 adidas terrex